概要

RS232CコネクタとPCのUSBコネクタの間を無線化します。

バーコードリーダーで読み取ったデータを、PCのターミナルソフトで表示します。

電力は、RS232Cコネクタの出力端子から取得します。

今回の構成(APBLE001-RS,PC)

構成図

RS232CとUSBとの間を無線化するAPBLE001のご紹介です。

RS232Cのコネクタには電源端子が無いため、通常給電用のコネクタが別途必要になりますが、APBLE001-RSは信号端子から電力を受け取りつつ通信を行うため、給電用のコネクタが無いことが最大の特徴です。このため、無線通信は低消費電力なBLEでConnectして行っています。

信号端子から電力を取ることができない機器があったり、通信量が多く信号端子からの給電が間に合わなかったりすることもあるので、全ての機器でご使用になれるわけではありません。

今回はバーコードリーダー(FKSystemのTSK-e RS232C)を使用しました。

RS-232C接続のバーコードリーダのワイヤレス化の実演

実演動画
使用機器全体

全体を接続し、PC側でターミナルソフト(Tera Term等)を起動します。APBLE001-PCはCOMポートとして見れますので、適切な設定を行います。ボーレート・ビット幅・パリティ等の設定もターミナルソフト側で行うと、その設定でAPBLE001-RSが動作します。

スキャンの様子

バーコードリーダーでバーコードをスキャンします。読み込めると「ピッ」と音がします。

読み込まれたバーコードデータの結果

読み込まれたデータ

読み込まれたデータがターミナルソフトに表示されました。