アップサイドのIoTセンサーデータを取得用テストシステム概要図

アップサイドIoTテストシステム概要

アップサイドのIoTテストシステムのコア部分は、上図の赤枠エリアの部分の「センサー・外部機器のデータを正確に任意のサーバーに送信するシステム」です。

アップサイド標準:センサー制御回路・ファームウェア

 電子部品専門のECサイトや電子部品メーカー・半導体商社等の一般的な流通経路から入手可能な、性能の良いセンサーも、出力されたデータ(電圧値や電流値等)を受け取る回路(主にアナログ回路)がしっかり設計されていないと、データが劣化し使い物になりません。通常は、個々のセンサーの特性に合わせて回路とファームウェアをカスタム設計する必要があります。
 一方、アップサイドは、センサーデバイス(素子)の開発経験の豊富なエンジニアが様々なセンサーに応用できる回路(セミカスタム可能なコア回路)とファームウェアを既に用意。そのコアとなる回路をベースに、利用するセンサーの特性に応じてセミカスタマイズします。これによって、納期・費用を削減しつつ、センサーの特性を最大限生かす回路を使って、信頼性のあるセンサーデータをIoTシステムに組み込むことが可能です。
※ファームウェアとは、回路を通じて取り込んだセンサーデータを処理するマイコン(MCU)上で動作するプログラムの事です。

アップサイド標準:シリアル通信ーBLE変換回路・ファームウェア

 特定用途で利用するセンサーやロードセルなどを搭載した計測機器は、シリアル通信と呼ばれる方式で外部機器にデータを出力する事が一般的です。シリアル通信の代表的なものにRS-232CやRS-422、RS-485、USBなどがあります。
 そのような既存の計測センサー・機器をIoTシステムに組み込む場合に、シリアル通信を無線化する必要性が出てきます。アップサイドでは、そのような場合に必要となる、シリアルーBLE(無線)変換回路・ファームウェアを既に開発し、多数の量産実績を持っています。既に開発済みの回路・ファームウェアを使って、各お客様がIoT化したい計測機器に合わせたセミカスタマイズ行い、迅速に無線化する事が可能です。

アップサイド標準:通信変換機(近距離無線通信ー3G/LTE・有線LAN)

 近距離無線(WiFi・Bluetooth・特定小電力無線・920MHz帯無線・プライベートLoRa等)で送信されたデータを受信し、広域をカバーする移動体通信規格(3G・LTE)や有線LAN(Ethernet)で送信できるようにデータ変換する機能をもった機器です。一般的にゲートウェイと呼ばれている部分です。
 アップサイドでは、この部分のハードウェアは、一般的な流通網で調達しやすいWindowsPCやラズベリーパイを使い、既に開発済である上記の通信変換機能を有したファームウェアやソフトウェアを、お客様のシステムに応じてセミカスタマイズしていきます。
 ここからデータをサーバーに送る際は、データフォーマットを打ち合わせた上で、お客様の指定のサーバーアドレスに送る事も可能ですし、まずは、弊社のテストサーバーに送信する事も可能です。

センサーデータ閲覧用テストサーバ

アップサイド標準の通信変換機を通じて送られてきたデータは、既に用意してあるデータ閲覧用テストサーバーに蓄積し、すぐにブラウザで見ることが可能です。

アップサイドテストサーバーで蓄積されたデータをブラウザで表示したサンプル画像